スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lise de la Salle ピアノリサイタル @ 紀尾井ホール

毎年恒例の Lise de la Salle のピアノリサイタル @ 紀尾井ホール。(^ ^)





前から2列目の真ん中。(^-^)/

ラヴェル、ドビュッシー、プロコフィエフ。アンコールで、シューマン、ショパン、ラフマニノフ。
パワーアップし過ぎで、ピアノが悲鳴をあげてました。圧巻。満足。
スポンサーサイト

【ライブ】上原ひろみ ザ・トリオ VOICE 日本ツアー 2011

12月3日(土)は、東京国際フォーラムに年末恒例の上原ひろみのライブに行って来た。

DSCF2196.jpg
(写真は、上原ひろみさんのブログからの引用です。)

>>続きを読む

【ライブ】片倉真由子ピアノトリオ@ BODY&SOUL

6月8日(水)は、同じ職場の I橋さん、T戸さんと、南青山のライブハウスBODY&SOULで、片倉真由子ピアノトリオのライブを堪能してきました。

20110610151953_70.jpg
(写真は店のHPより引用。)
>>続きを読む

【音楽】リーズ・ドゥ・ラ・サール ピアノ・リサイタル

5月17日(火)は、紀尾井ホールにて、リーズ・ドゥ・ラ・サール(Lise de la Salle) のピアノ・リサイタルを聴いてきました。

リーズ・ドゥ・ラ・サール

>>続きを読む

[音楽] MTT/SFS マーラー第1番の動画

mtt_150x150.jpg

[動画] MTT & the SF Symphony performing Mahler's Symphony No. 1 on Keeping Score on PBS

この、マイケル・ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団の、マーラー交響曲第1番「巨人」の動画、良すぎ。

PCで思わず55分間見ちゃった。。。笑

現在、販売休止中で買いそびれていた SACD盤も、5~6月に再販売されるみたいなので、嬉しい限りです。

【CD】 絢香 / ayaka's History 2006-2009 (初回完全生産限定版 History DVD付-)

ayaka's History 2006-2009 -DVD付-

お気に入り度: ★★★★★

今年いっぱいで活動休止に入る絢香。
個人的には歌が上手いので好きなのだけど、CDで聴くといつも物足りなく、TVで見ている方がのりが良くて好きだった。

今回、ベストCDだけあって、これまでのアルバムに入っている曲ばかり。

しかし、初回限定版に付いてくる、2枚目のディスクと、DVDが良かった。

2枚目の Bonus Track、「みんな空の下 (Piano ver.)」と、DVDの「みんな空の下」は、共に独唱+ピアノ演奏のみだが、全開ぶりぶりで歌っていて、彼女の歌声が堪能できる。

絢香のことが好きな方には、超激お勧めです。


ということで、初回限定版に限っては、お気に入りです。


ちなみに、録音は普通。時々、レベルが高い時に耳がひくつく。。。


なお今回、DVDをリスニングルームで聴くために、東芝のDVDプレーヤー SD-5000 (P tune)を復活させた。
今回のような CD の場合は、アキュフェーズ DP-85 より、軽やかに聴けて、良い感じ♪



しかし、彼女の活動休止はおしいなぁ。復帰するかなぁ。

【CD】 小澤征爾 サイトウ・キネン / ベルリオーズ 幻想交響曲

ベルリオーズ:幻想交響曲


お気に入り度: ★★★★☆ (星3.5)

2007年9月の長野県松元文化会館でのライヴ録音。

以前、NHKの特集で、さわりだけ見て、非常に気になっていました。
好みの演奏で、引き込まれます。集中力の無い私でも、全曲聴き入りました♪

音質は、音の線が太く、楽器の音は良く聴こえるが、情報量が少なく、繊細さが物足りない。


ブルーレイでも見たいけど、再生環境が無い。。。 orz

【音楽】 庄司紗矢香リサイタル@鎌倉芸術館

庄司紗矢香


今日は鎌倉芸術館で庄司紗矢香のコンサートを聴いてきた。

2階席ということもあり、非常に柔らかい音。ピアノのゴラン氏との息もぴったりで、非常に安定した演奏で楽しめました。
アンコールが4曲もあったのですが、個人的にはこれらがお気に入り。特にエルガーの「愛の挨拶」は演奏慣れしているからなのか、歌い方が桁違いでした。

八幡宮にもお参りに行き、新春早々、良い一日でした。



ヴァイオリン:庄司紗矢香
ピアノ:イタマール・ゴラン

曲目
 シューベルト:ヴァイオリン・ソナティナ 第3番 ト短調 Op.137-3, D.408
 ブロッホ:ヴァイオリン・ソナタ 第1番
 ドルマン:委嘱新作 ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第2番
 ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第7番 ハ短調 Op.30-2

アンコール
 エルガー:愛の挨拶
 クライスラー:おもちゃの兵隊の行進曲
 チャイコフスキー:感傷的なワルツ
 クライスラー:ウィーン奇想曲

【音楽】 庄司紗矢香 チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲

年末のテレビがつまらないのでザッピングしていたら、庄司紗矢香のチャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲が目に飛び込んできた。

NHK クラシック・ハイライト2008
「バイオリン協奏曲 ニ長調 作品35から 第3楽章」    
チャイコフスキー作曲
(バイオリン)庄司紗矢香
(管弦楽)サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団
(指揮)ユーリ・テミルカノフ

良かったぁー。この曲は元々好きだけど、この演奏は素晴らしかった。
どうやら私は彼女の演奏がツボらしい。w

しかし、あわてて録画したつもりが、録画されていなかった。涙
彼女のCDはあまり発売されていないし。

ということで、こちらを予約した。w
庄司紗矢香ヴァイオリン・リサイタル@鎌倉芸術館

新年早々、楽しみだ。

以前、彼女が演奏するショスタコのヴァイオリン協奏曲に感動して、演奏を聴きに行った。前の方の席だったが、角度が悪く、大野和士さんのお尻しか見えなかった。w
(演奏は素晴らしかったです。)

【CD】 シベリウス 交響曲全集 ブロムシュテット&サンフランシスコ響(4CD)

083.jpg

http://musicarena.exblog.jp/7419630/
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1290083

聴いている最中。

Jacques Loussier Trio: The Best of Play Bach

The Best of Play Bach [Hybrid SACD]

バッハの曲をジャズ風にアレンジしたジャック・ルーシェ。久しぶりに聴いてみたが、やはりいい。

6曲目のToccata & Fugue in D Minor なんて鳥肌モノ。ピアノの響き、間、ベース、ドラムとの駆け引きなど、最高。

バッハはジャズのために作曲したのではないのか?と思える名演奏。

ちなみにこのディスクは SA-CDですが、私が聴いたのは CD レイヤーです。特別優秀録音といった感じではないですが、非常に好きなディスクです。

ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー


私は、フィギュアスケートの浅田真央(あさだ まお)選手の大ファンです!

これまでスポーツ全般で特定の選手を応援したことは殆ど無いのですが、彼女は別格。フィギュアスケートも殆ど見ていなかったのですが、彼女の演技を見るために見るようになりました。

その彼女が今年のSP(ショートプログラム)で使用しているのが、「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー(バイオリンと管弦楽のためのファンタジア)」という曲。
「ラヴェンダーの咲く庭で」という映画のサウンドトラックに入っています。

ラヴェンダーの咲く庭でラヴェンダーの咲く庭で
(2005/05/25)
サントラ

商品詳細を見る


たった 3分40秒の曲なのに、非常にドラマティックで切なく、クラシックが好きではない人でも楽しめます。お勧め!

。。。しかし、今日のSP 6位とは。。。涙

PLACE TO BE / 上原ひろみ


先日の上原ひろみのライブでは、ピアノソロ曲 PLACE TO BE に関しては、音響的にも消化不足だったので、会場でこの曲の入ったアルバムを購入した。

映画「オリヲン座からの招待状」オリジナル・サウンド・トラック映画「オリヲン座からの招待状」オリジナル・サウンド・トラック


この曲については、映画館で「オリヲン座からの招待状」の予告を見た時に、気に入っていたので、わくわくしながら聴いてみた。


。。。音質は、ライブで聴くよりも圧倒的に良く、なかなか良い録音(ちょっと硬め)だが、曲として少し物足りない。映画の挿入曲といった感じ。うーーん。

このアルバムには、PLACE TO BE が3曲入っている。

 ・「オリヲン座からの招待状」メインテーマ
 ・サイクリング・ヴァージョン
 ・ストリングス・ヴァージョン

この中のストリングス・ヴァージョンも聴いてみた。

。。おっ、こっちの方が良いかも。弦楽前提で作曲したのか?と思うほど。
解説を読むと、上原ひろみが、Conductor & Strings Arrangementとある。さすがは、バークリー音楽大学 作編曲科 主席卒業!


。。。けど、ピアノ好きの私としては、少し複雑。笑

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

プロフィール

kenji

Author:kenji
横浜市在住


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。