スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オーディオ】 IPC インシュレーター

我が家には欠かせないオーディオアクセサリーがあります。


スピーカー Thiel CS2.3 の下に敷いてある
IPC インシュレーター IPC-MM5024 です。
(別名「マイナスイオン・インシュレーター」。私が使用しているのは、その特注版である IPC-MM5024Sです。)

IPCインシュレーター

http://www.ipc-sound.com/ion/mirakuru.html
(リンク先は、IPCの「ミラクルボタン」という商品です。私が使用しているインシュレーターは、まだホームページには掲載されていないようなので、詳細が知りたい方はIPCに問い合わせをして下さい。)

余分な音は抑え込まれているのに、必要な音は増え、美しい音が広がり、脳内を刺激します。
濁りは減り、情報は増えるのに柔らかく、低域の音階も向上するため、その改善ぶりに唖然とします。


IPCインシュレーター2a


我が家の床は非常に頑強に作っているので
「メカニカルアースはばっちりで、インシュレーターなんて不要!」
と思っていましたが、間違いでした。orz

床が振動しなくても、振動を反射して、スピーカーの音を濁らせていたのかな?と思ってしまいます。かなりの情報をスピーカーで損失していたのが、今は、解放されたように鳴っています。

IPCインシュレーター3

振動吸収のミラクルリキッドラバーとマイナスイオンを、コーリアンでサンドイッチした構造だそうです。

IPCにお願いすると、スピーカーの重量に合わせて、インシュレーターを特注してくれます。(これが重要らしいです。)

(ちなみに、Thiel CS2.3 は3点支持なのですが、測ってみると、それぞれに 12.5kg の加重がかかっていました。非常に重心バランスが良い設計であることが分かりました。)


もし、購入される方がいれば注意事項を。
設置後は1日程度、そっとしておいてみてください。呆れるほど良くなります。w


後日談
先日のオフ会の時は、Thiel CS2.3に付属のスパイクを取り付けた状態で、インシュレーターの上に乗せていました。
その後、キャサリン・ジェンキンス / From the Heart の8曲目で、メリオンの声がビビルため、CS2.3のスパイクを外して、直接インシュレーターに乗せてみたところ、改善しました。
ついでに、ラフマニノフ 晩祷 再生時の音の荒れも改善し、重心が下がり、ぐっと素直な音になりました。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

プロフィール

kenji

Author:kenji
横浜市在住


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。