スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オーディオ】オフ会と DP-85 & SCD-1

断捨離で使わなくなった装置の引き取りと、新型ミニプリの試聴ということで、我が家でPさんとのオーディオ・オフ会となった。

軽い気持ちで始めたオフ会だが、衝撃的な結果となった。。。


IMG_8549.jpg

今回は、大幅に変更されたPさん作成のプリアンプ(ミニプリ 2011)と、これまたPさん大幅チューンのソニー SCD-1の新型 (SCD-1P 2011) を持って来て頂いたので、我が家のシステムに接続して聴くこととなった。


。。これが衝撃的に高音質。新しい時代の音だ。


ローエンドが果てしなくのび美しく消える。音も締まっている。
これまでのシステム(アキュフェーズ DP-85 と旧型ミニプリ)との比較だと、エッジ強調が無くなり、ほの暗い。超すっぴん美人だ。これまでも薄化粧程度だったが、スッピンの良さを聴いてしまうと、戻れなくなる。苦笑

特に、Pさんがアンプ調整に使用しているという、ハイティンク&CSOのマーラー2番「復活」は、非の打ち所のない演奏を聴くことが出来る。
また、最後に聴いた、ブーレーズ&ウィーンフィルによる、マーラー2番も、笑みがこぼれるぐらいの好演奏を聴くことが出来た。弦の音が美しく、ここまでやるかという程の抑え気味の美しい演奏。
レンジを意図的に抑えた録音だが、ノーマルCDとは思えない音質だ。
(だけど、21ビット スーパービットマッピングということなので、なかなか上手く鳴らないんだろうな。。)


とりあえず、我が家への新型ミニプリの導入を待つとして(笑)、もう一つ、ショッキングな出来事が。


我が家で、「リーズ・ドゥ・ラ・サール/リスト」「アマーラ/シューマン」を聴くと、音やせしてしまっていたのだが、その理由が分かった。


アキュフェーズのSACDプレーヤー DP-85 の不調だった。。。 orz


SCD-1 との比較や、DP-85も熟知するPさんの耳によって、明らかに。
(おそらく、ケミコン劣化による、クロックジッターの悪化?)

ここ最近の省エネ対策で、常時通電を止めて、電源を切るようにしたのが効いたか。
絶大な信頼をおいていた DP-85 の不調にショックを受けて、無理矢理 Pさん宅への入院をお願いしてしまった。。(すみません。。)


断捨離ですっきりどころか、メインシステムまでご臨終とあいなった。
これを期に、録りだめたTV番組でも見よう。w


Pさん、わざわざ来て頂き、おまけに色々お願いまでしてしまい、申し訳ない&ありがとうございました。
おかげで衝撃的にすっきりしました。笑 

しかし、今日の音は衝撃的だったなー。高解像度もここまできたか!と言った感じだ。


(後日、本日聴いた楽曲リストをアップする予定。)

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

プロフィール

kenji

Author:kenji
横浜市在住


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。