スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石井式リスニングルームの床


家の新築に辺り、石井式リスニングルームを導入した。
その中でも特に気に入っているのが「カチカチに硬い床」です。

基本的に基礎コンクリートに直接フローリングを貼っている感じで、縄跳びができるぐらい硬い。これが我が家のオーディオルームのクリアーな低音の基礎になっています。


石井式の床

施工中の様子


[構造の詳細]

(上から)
・無垢フローリング合板 t=15
→タイベック耐火ボード
→合板(コンパネ) t=28
→防水シート(タイベック)
→レベラー調整 t=5
→土間コンクリート t=150
→防湿フィルム
→ネオマフォーム t=45
→地面

当初はもっとシンプルにする予定でしたが、最終的に色々挟む形になりました。これは音のためではなく、施工性等によるものです。

これで、大音量でもびくともしません。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

プロフィール

kenji

Author:kenji
横浜市在住


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。